aqua wistaria project

今日も素敵なモノ・コト・ヒトに出会えますように。。。。

カテゴリ:

こんばんは▽・w・▽☆

昨日と今日で直島に行ってました、suiです^^
11月は超絶働いたので、ご褒美に。
1年3ヶ月ぶりにhamaeさんと一緒に旅してきました(。--。)

写真をたくさん撮ったので、主に写真をメインにアップしますね。

12-11-1


宿泊したベネッセハウスの近くにある、草間彌生さんのカボチャのオブジェ。
夜になるとライトアップします☆
通りかかるときはいつも誰かが写真撮影をしていて、
これはほんの隙間に撮れた写真。
ちょうどライトが灯ってこれから日が落ちます。

12-11-2


同じくベネッセハウスのすぐそばのオブジェ。
とてもカラフルな何?(笑)

12-11-3


今朝、朝食を食べに行くホテル内はまるで迷路。
ホテル自体もアートなので、案内の看板などがほとんど出ていないのです。
そんな朝食のレストランへ行く途中にいた、優雅に何かを読むオブジェ(^^ゞ

12-11-4



ホテル内のフロントからお部屋に行くまでの通路にいるヒト型のオブジェ。
うっかりこの存在を忘れてると、ふとすぐ右にいたときに
「わーっ!」ってなります( -_-)。。。。

12-11-5


帰りは直島の宮浦港から岡山県の宇野港へ。
本村港を満喫していたら、うっかり宮浦港へのバスの時間がギリギリで
海の駅でお土産を見る時間はたった5分。
赤いカボチャも近くまで行けませんでした(T_T)(泣)
写真はフェリーから。

つづく。。。。



sui

こんばんは▽・w・▽☆

実は少し前にも計画していて台風のために頓挫していた
komanoriちゃんと浜松へ行こう♪計画が、
今回もまた台風のために中止になりそうだったのですが。。。。
(注:ふたりとも雨嵐女(苦笑))

なんとか今日は!無理矢理もちました(^^)v

というわけで、大阪から久々に名古屋上陸してくれたkomanoriちゃんと
いざ、浜松へヽ(^^)丿
(まるで近所から来たかのように気軽に
suiの自宅の最寄り駅まで来てくれた(ёё)しかも朝10:00前着!)

行ってみたかったのは、北欧の暮らし、スローライフが体験できる、
「ドロフィーズキャンパス」。

9-22-2


9-22-1


9-22-3


9-22-4


北欧の庭、ガーデンヒルや、蔵で旅するbook storeの向こう側の隠れ庭、家族の木など、
スローライフと言うだけあってのんびりした時間が流れるあちこちを
見せていただきました(。--。)

マリメッコのギャラリーshopがあったり、デリではジャズライブをやっていたり、
隠れ庭やお洒落なBBQテラス、レモネードを待つ間のガラス張りのコンテナでは
ちゃっかりなじんで自分たちも映り込んでみました(^^ゞ

9-22-5


ここで働いているヒトたちは皆笑顔で、皆親切で、とても楽しそうでした。
つくるヒトたちの大切に思っているコトや、未来のヴィジョンもオープンで、
こんな会社もあるんだなぁと本当に感心しました(。--。)

もっと晴れていたらもっといい景色が見られたかも知れません。
せっかく浜松なので、ランチには鰻をいただきました。
なのでカフェには行けず。次はカフェを目的に来てもいいかなぁ^^

でもでも、「共水うなぎ」という幻のうなぎはジューシーで美味でした♡
提供まで1時間待ったけど、甲斐ありました(^^)

9-22-6


「せっかく浜松なので」と書きましたが、suiのお出かけは毎度のことながら
ほぼ食い倒れなので(苦笑)、せっかく浜松なので、餃子センターにも行きました(笑)

9-22-7


9-22-8


今日もsuiのコンセプトである「美味しい」と「楽しい」を達成できたので、
良い1日でした(^^)♡

写真はないけれど、最後に浜名湖SAでもカマボコやらいただき、
お土産も買いました。帰宅後も練り物をたっぷり食べました。
もう食べれません(T_T)(ひどい終り方(泣))

komanoriちゃん今日もありがとう^^



sui

こんばんは▽・w・▽

sui家夏休み、最後の記事です^^
25日、最後に訪れたのは永田いなか浜。
日本一の海亀の産卵地だそうです。

u-1


湿地の保存に関する国際条約、「ラムサール条約の浜」とも呼ばれるらしく。

u-2


夏のこの時期は産卵が終わった後で、孵化した亀の赤ちゃんが海に戻る時期でもあるそうです。

u-3


「あ、海亀がいる!」という声は聞きましたが、
suiたちは実際には見ることが出来ませんでした。

さらさらの砂浜に。。。。

u-4


お、もしやここが。。。。?

u-5


。。。。という穴がありましたが、どうやらこの穴はカニさんの穴だったみたい(笑)

1キロ近い砂浜は静かで、美しく。

u-6


海水浴は禁止。
とても心地良い場所でした。

u-7
u-8


念願だった白川雲水峡には行けませんでしたが、屋久島初上陸は
本当に充電の旅でした♡

戻って来てやっぱり名古屋は暑いと実感(^^ゞ

u-9


一昨日戻って来ましたが、その日のうちに田舎のおうちを往復して
愛犬cherryさんもお迎えに。。。。その晩はいきなりお仕事に戻り、
acote POP UP SHOPの搬入。
今日はacote shop初日でした(ёё)(それはこの次の記事で☆)

備忘録でもある旅記事でしたが、読んで下さった方に感謝ですm(__)m



sui

こんばんは▽・w・▽☆
夕方から仕事行ってました。
さて、旅の続き備忘録です^^

屋久島での宿泊先の話を。
宿泊先は丸い屋久島のだいたい5時半くらい、南に位置するお宿。
(グーグルマップでもちゃんと表示されました!)

i-7


屋久島では温泉が南の方に多く集まっているらしく、
泊まったお宿のお風呂も温泉&露天風呂♡
とろっとしたお湯でとても気持ちよかったです^^

ホテルのお庭を散策しましたが、
お庭もカートや自転車をレンタルして行くくらい広い。
(むしろ庭なのかも怪しく思えるほど(笑))

お宿のお庭側正面からは天気が良いと尾之間三岳という山々が見られます(ёё)

i-5


鹿児島で調達した、「もののけ姫」にも登場する「こだま」。
今回のお供はこの子で^^(こだまっちと命名(笑))

お庭の散策は雨のあとで地面が滑りやすかったので、
歩いて行きました。こだまっちも一緒です(*^^*)

i-1


正面のズーム^^

i-2


クワズイモのベッドでお昼寝するこだまっち(笑)
観葉植物でも見たことありますが、
屋久島では巨大なのが雑草並みに生えてました(^^ゞ

i-3


蓮池。やや寂れていました(^^ゞ

i-4


巨大まつぼっくりのようなカナリーヤシと逆光で強面のこだまっち( -_-)

今回の屋久島の旅では見られなかった幻の縄文杉も、
泊まったお宿にレプリカはあったので、
なんとなくイメージできました^^

i-6


福岡と比べてお部屋も広くて満足☆



sui

おはようございます▽・w・▽
旅記事連発失礼しますm(__)m
(備忘録でもあります)

3日目、朝早めに福岡を出発。
新幹線で鹿児島まで移動し、鹿児島から船で2時間、
屋久島の宮浦港まで。。。。

y-1


悠久の大自然、屋久島初上陸!

y-2


わりと田舎育ちのsuiは山は結構見慣れてますが、
ここまで迫る感じの見渡す限りの山々は初めて。
屋久島は本当に緑だらけで、時間を忘れるような豊かさがあり、
視力も上がったような気がします(笑)

屋久島は島全体がまあるいカタチをしていて、方向を時計で表すのだそうです。
たとえば鹿児島から到着した宮之浦港は1時の場所で、
時計回りに外周を回って3時すぎくらいの場所から中央に向かって入っていくと
最初に訪れたヤクスギランドがあります(^^)

屋久杉と言えば、一番有名なものが縄文杉。
樹齢についてはいろいな説があるらしいですが、
少なくとも3500年は経っているそうです(ёё)

縄文杉までは、往復で10~11時間くらいかかるというので
今回は行けませんでしたが。。。。(^^ゞ

y-3


つるつるとした赤褐色の樹皮が美しいヒメシャラと言われる木。
さわると本当につるつる。屋久島でひときわ目立つ木のひとつでした^^

y-4
y-5


ヤクスギランドの中の方に入っていくと水も透明でとても綺麗。
その水は綺麗すぎて魚も棲めないんだそうです(ёё)

y-6


一応山ガール風(笑)靴は登山用を買っておいて本当に良かったです。
(あ、靴写ってない(笑))

今回出会った一番ご高齢の屋久杉は、樹齢1800年の仏陀杉。

y-7


幹の一部に空洞があって、とても神秘的でした。
樹齢100年以内のもの、植林されたものを「地杉」、
樹齢100年~1000年未満のものを「小杉」、
樹齢1000年以上経って初めて「屋久杉」と呼ばれるそうです。
また、屋久杉はゆっくり成長するのが特徴だそうで、
秋田杉と比べても幹は細く、秋田杉の樹齢300年くらいのものと、
屋久杉の樹齢1000年くらいのものがだいたい同じ太さなのだとか(ёё)

このあとは滝へ。。。。

y-8


「千尋の滝」と書いて「せんぴろのたき」と読むらしいです^^

少し遠くからしか見られませんでしたが、
スケールの大きな一枚岩の間を流れる滝でした。

ヤクスギランドは1時間くらいしか歩きませんでしたが、
福岡から移動してきた日だったので、この日はクタクタ(笑)

夜は宿泊先の温泉でゆっくりしました(。--。)



sui

このページのトップヘ