aqua wistaria project

今日も素敵なモノ・コト・ヒトに出会えますように。。。。

カテゴリ:

旅記事つづき、ラストです^^

日曜日のお昼。
神島から船で答志島に寄り道したふたり。

本当はさわらの握りなど、お寿司も食べたかったのだけれど、
3年前に来たときに行った、パン屋さんを目指そうと
旅館でレンタサイクル♪(電動自転車)
でも、旅館で聞いたらパン屋さんはなくなっていました(T_T)

代わりに喫茶店にパフェを食べに行く!を目標に。

途中、美多羅志神社に寄って。。。。

toshi4


toshi5


toshi1


toshi2


神社の敷地内にある龍神さん(椎の木)にご挨拶し、
喫茶店で念願のフルーツパフェ(レトロで懐かしい感じ)もいただき、
最後に答志島の最北東にあるブルーフィールドと呼ばれるウッドデッキへ。

toshi3


さて。カロリー消費。
ここで、ayumiちゃんと歌いながらラジオ体操(第1)をしました(笑)
(※貸し切りでした(笑))

少し身体もスッキリ。
しばしだら~っと過ごす。。。。

暑すぎなくて自転車も本当に気持ちよかった。
レンタサイクル返却し、答志島の貴重なワカメを買い、帰途に。
(お腹いっぱい&時間なくてお寿司は諦め。。。。)

結局鳥羽駅に戻って、またおやつ買って
電車を待つ間、電車の車内で食べたけど(苦笑)

美味しい楽しい潮騒の旅、
suiの大好きな島旅は今回はこんな感じでした^^

ayumiちゃん、課題図書から始まるマニアックな旅行、ありがとうでした☆

suiの次の島旅は。。。。どこかな~(ёё)?フフフ



sui

こんばんは▽・w・▽☆
旅記事つづきです。

日曜の朝食は昨晩の舟盛りの残りと、
大量の煮魚、焼き魚(天然のBIGな鯛!)など
またも想像を超えるモリモリメニュー(゜◇゜)!!!

常時満腹状態が続いていたふたりは、
昼前の船が出るまで、腹ごなしに
三島由紀夫さんの「潮騒」に書かれた八代神社や神島灯台を訪れることに。

6-6-3


6-6-5


6-6-4


6-6-6


6-6-7


階段いっぱい、蜘蛛の巣と蜂と、
トカゲがガサガサ鳴らす葉っぱの音に気をつけながらどんどん登りました^^
思ったよりも近くて、八代神社でお参り、
そして神島灯台は上がれませんでしたが灯台の元にある石の壁に登って
しばし海を堪能しました(。--。)

夕方から雨予報だったこともあり、もやっていましたが、
suiは「潮騒」の本を読んだだけでなく、
山口百恵さん主演の映画も見ていたので、
この神社まで、そして神社から灯台までの小さな探検に、
様々な映画のワンシーンが思い出されたのでした^^

このあと佐田浜に戻る前に、答志島に寄り道。
神島から船で15分くらいだったかな。
答志島は3年ぶりでした☆

~つづく~



sui

P.S.
本日Cotelacでした。お会いできましたNさま、初めましての皆さま、
通りすがりの皆さま、izumiさん、名駅で働いていて一緒にお昼休憩に行けたmichie、
ありがとうございましたm(__)m深々

おはようございます^^
昨日からの旅の備忘録、つづきです。

3時間弱、鳥羽水族館で動物やお魚たちに癒されたあとは、
やっと最終便の船に乗りこみ「潮騒旅」のメイン、神島へ!

6-5-13


しおさい号(ёё)☆

そしたsuiたちは乗り遅れても「持って」いた!
降りて振り返ると、海は絶景でした(。--。)

6-5-14


神島の場所はココです↓

6-5-15


鳥羽からだと、答志島を左手に見ながら通り過ぎ、
北東に船で30分くらい。
(ちなみに、北の伊良湖からだと船で10分程度^^)

海女小屋でのランチと鳥羽駅でのジェラートのつづき、
宿泊した山海荘という民宿の晩ごはんは、
女子ふたりに対して5人前くらいの大盛り!

6-6-1


舟盛りだけでこの量(゜◇゜)!!!

まだ生きていた伊勢エビ!赤アワビと黒アワビも!

6-6-2


他にもお野菜の天ぷら、煮魚、焼き魚、煮蛸、小鉢たち、
にゅうめん、ごはん、お漬け物。。。。さいごはハッサクのデザート。

民宿だからか、美しい盛り付けというよりは、
「はい食べてー!神島の美味しいもん、どんどん食べてー!」という感じの
モリモリの終わりなき晩ごはんでした(^^ゞ笑

「食べ物は残してはいけません」という親の教えで育ち、
大食いを自負しているsuiとayumiちゃんですが、
まさかのギブアップ(゜◇゜)!

ふたりして「負けた」と嘆きつつ、
満腹すぎる幸せな晩なのでした(。--。)

~つづく~



sui

つづきです。

メインの目的地、「神島」への船は、
鳥羽駅近くの佐田浜港からだと、朝の7:40~
最終の17:40までおよそ3時間おきに全部で4便だけ。

14:00の船で神島に渡る予定でしたが、
どこでどう記憶が入れ替わったのか、
「14:45分発だよね」とまさかのふたりともが思い込んでいて、
(事前に「14:00発のね」ってラインでやりとりしてたのに(汗))
のんきにゆっくり鳥羽駅でジェラートを堪能してから
船のチケット買いに行ったら、「20分くらい前に行ったところなので
次は最終の17:40ですね」と言われてしまいました(゜◇゜)ガーン

「まぁ旅にトラブルはつきもの」と、仕切り直し☆(前向き^^)
(トラブルではなく確認ミス(苦笑))

せっかく時間あるしと、徒歩圏内、鳥羽水族館に行ってみました。
(鳥羽水族館も9年ぶりくらい☆)

ayumiちゃんとふたり合わせてもあんまりいい写真はありませんが(苦笑)

6-5-6


ウミガメ。

6-5-7


ペンギン。

6-5-12


いろんな角度からチャレンジするも、常にこっちを見てくるので
正面からしか撮れないペンギン。(笑)

6-5-9


泣き続けるトド。トドだった???

6-5-8


チンアナゴ。

6-5-10


スナドリネコ。(スナドリネコは前足に水かきがついてて泳げるらしい(ёё))

6-5-11


どことなくcherryさんを彷彿とさせる怠惰なカピバラ。。。。

マリンターミナルの待合室でぼーっと過ごす3時間弱より、
かなり有意義であっという間に時間が経った鳥羽水族館でした^^
ラッコのコーナーだけが一生混んでたな。。。。( -_-)

~つづく~



sui

こんばんは▽・w・▽☆

島旅が好きなsuiですが、少し前に
「日本百名島の旅」という本を買ってから
ますます日本の島を制覇したい欲に駆られているsuiでございます(^^ゞ

久々の土日連休でした。
(いつもはだいたい仕事。休めてもどちらかだけ( -_-))

今年初めての泊まりの旅は鳥羽。
鳥羽マリンターミナル、「佐田浜港」から北東14キロ程度、
船で30分くらいのところにある小さな島、「神島」に行ってきました(。--。)

その名前が示すように、「神が支配する島」と信じられてきたそうです^^
文学小説はめったに読まないsuiですが、この島に行くことに決めてから、
この島を舞台に書かれた三島由紀夫さんの小説、「潮騒」を読みました。

帯には「究極のプラトニックラブ」という気恥ずかしいコピーが書かれていて、
読めば読むほどピュアな若者と少女の一途な物語だったのですが、
島の風景や自然の描写、沢山の比喩、とりわけ擬人法が多用されていて、
最近モダンな小説しか読んでいないsuiには、とても新鮮で
とても美しく感じられました(*^^*)

さて、そんな神島に渡る前に、
鳥羽本土を少し満喫していこうと
鳥羽駅でレンタカーを借りて、海女小屋にランチしに行ってみることに。
ちなみに今回の旅仲間はayumiちゃんです^^
(ayumiちゃんは文学小説でもさらっと読めてしまうので☆)

相差の海女小屋を目指して行ったのですが、
途中に絶景ポイントがいっぱいありました^^

6-5-1


昨年秋に家族で志摩に来たけれど、
伊勢、志摩、鳥羽はいつ来ても最高です♡

相差の海女小屋に着くと、現役の70代の海女さんtamiさんが
炭火で新鮮なサザエ、大あさり、イカ、ひおうぎ貝、アジの干物、
を焼いていました(ёё)

カメラを向けると慣れたようにトングでブイサイン(笑)

6-5-2


一緒に^^

6-5-3


6-5-4


6-5-5


美味しい海鮮の炭焼きと、ウニとひじきのごはん、お餅入りのお味噌汁。。。。
本当に美味しかった♡

食べながら、海女さんのお話を聞きました。
1年に2ヶ月くらいしか休まないこと、
週に5日ほどは潜っていること、
潜らない日も陸で他の仕事があったり忙しいこと、
現役で80代の海女さんもいること、
お孫さんがいっぱいいて稼がないといけないこと(笑)、
もうひとりの海女さんは、隙間の時間に
韓流ドラマを見るのにはまっていること(笑)、
笑顔いっぱいで話す海女さんは自分の仕事に誇りを持っていて
とても楽しそうで可愛らしかったです^^

でも若手の海女さんがもういないので、
「海女さんもじきにいなくなるやろな」って言ってました(T_T)
(※suiは50mしか泳げません、ごめんなさい(悲))

さて、海女小屋を満喫して、鳥羽駅までUターンドライブ。
ふたりなのになぜか7人乗りのステップワゴンをレンタルしてもらって
無駄に快適でした(^^ゞ

鳥羽駅に戻ってデザートにミネルヴァさんのジェラート♡
ここでゆっくりジェラートを堪能しすぎたために、
このあと神島行きの船に乗り遅れることになったのでした( -_-)(え?(苦笑))

~つづく~



sui

このページのトップヘ