aqua wistaria project

今日も素敵なモノ・コト・ヒトに出会えますように。。。。

April 2011

 
最近電車での読書がサクサク進んでいます。
なので、また読書記事。
興味のない方、ゴメンナサイ↓
 
 
 齋藤智裕(水嶋ヒロ)著、「KAGEROU」。
話題になってたので買ってみました。
とにかく本当に短時間で読めました。
 
いったいどんな描写をして、どんなストーリーを書くんだろう?
と全く想像もできず読み始めましたが、
想像していたよりは、内容はまずまず楽しめました。
ただ、ところどころなんとなく、話の辻褄合わず、「???」と思う箇所も。
 
「命」という思いテーマを取り扱っている話だけれど、
最後の最後まで、「命」に対する作者の考えを理解することもできず。
イマイチこちらまで伝わりきらず。。。。(^^ゞ
(受け取る私側の問題?(苦笑))
文学作品として見てはいけない本でしょうか。。。。
(どちらかというと文庫本の金額で読みたかった(笑))
 
「賞を受賞した本」と思って読んだので、
自然とハードルが上がっていたのもあるかも知れません( - ""-)。。。。
 
本を読まれる方で、最近出会ったオモシロイ物語があれば教えてくださいね♪
 
 
sui

大丸神戸店でのLanoさんお手伝いの傍ら。。。。
 
今日は素敵な帽子との出会いがありました(^。^)
同じく1Fで期間限定で出店されている、
海岸通りにショップをかまえる帽子セレクトショップ「mature」さんの帽子です♪
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スカーフは簡単に取り外しできるので、自分のお気に入りのスカーフと差し替えも可能。
この帽子、小さく折りたたんでBAGにしまえるところも魅力です(^^)
ハットタイプと悩みましたが。。。。
今回はこっちにしました(^・^)
 
最後に、Lanoさんのイベントにお顔を出して下さった皆様、
久しぶりにお会いできてテンション上がりました↑↑
アリガトウゴザイマシタ♪(楽しかった!)
お手伝いは、5月3日までさせて頂いてます。
 
また、引き続き5月4日~17日までは、同じ大丸神戸店1Fで、
これまたお世話になっているCentennialさんのお手伝いに入ります。
sui勤務スケジュールはお気軽にお問い合わせ下さいね♪
 
それでは今夜はこの辺で(^。^)屮オヤスミナサイ☆
 
 
sui
 
 
 
 

こんばんは☆
今の話題作のひとつ、『阪急電車』を読みました(*^。^*)
 
22a9f1af.jpg

 
ネタバレになるので多くは書きませんが、
各駅ごとのまったく他人同士の登場人物達の日常が
ほんの少しずつリンクしあって、エピソードを作っている
面白い切り口のストーリーでした。
 
共感できるシーンもとても多くて、
さくさく読めるので、普段活字を読まないヒトにもオススメです(#^.^#)
 
読んだ後も「やんわり」「ほっこり」します(^・^)。。。。
映画も見たいかも。
 
 
sui
 
 
 
※最新のお知らせはこちらから→
 
 
 
 

今シーズンのフランス発、Cotelac、acoteも、
見逃せないアイテムいっぱいです(^。^)
 
予告通りイメージ紹介しますね♪
 
804d43b6.jpg

 
a9140d67.jpg

 
4d32878e.jpg

3a0b3237.jpg

0dfc6059.jpg

お問い合わせは下記まで~(^。^)屮
 
 
 
sui
 
 
※最新のお知らせはこちらから→
 

 
イベントに向けて作成中のシャツ。
もう縫製の段階に入ってもらっているのだけれど、
最初の予定より着数が少なくなりそうで。。。。(^^ゞ
で、追加で新たに無地の生地を探していました。
 
そうしているうちに巡り会ってしまったのは、
なぜかチェック(◎-◎)!!
(あれ?無地は?(汗))
 

コットンダブルガーゼのチェック。
しかも初夏物なのにブラウンベース(笑)。
でも、でもね、ブラウン×ブルーのコンビネーションって、
すっごくお洒落な組み合わせだと思うんです。
ベージュやカーキ、モカのボトムなんかとも合うと思うんです(*^。^*)
 
結局この生地、シャツになることになりました(^^)
じつは裏が違う柄になってて。。。。というサプライズ(?)もあり。
また楽しみが増えました。
 
水曜日にこの生地+ボタンやネームも届けてきたので、
いろいろ順調です(*^^*)
 
あと、もうひとつ。
Cotelacさんから早くも商品が届きました(^。^)
近々、イメージ写真をアップできたらいいな。
 
 
sui
 
※最新のお知らせはこちらから→ 
 
 
 
 
 
 

このページのトップヘ