おはようございます▽・w・▽
旅記事連発失礼しますm(__)m
(備忘録でもあります)

3日目、朝早めに福岡を出発。
新幹線で鹿児島まで移動し、鹿児島から船で2時間、
屋久島の宮浦港まで。。。。

y-1


悠久の大自然、屋久島初上陸!

y-2


わりと田舎育ちのsuiは山は結構見慣れてますが、
ここまで迫る感じの見渡す限りの山々は初めて。
屋久島は本当に緑だらけで、時間を忘れるような豊かさがあり、
視力も上がったような気がします(笑)

屋久島は島全体がまあるいカタチをしていて、方向を時計で表すのだそうです。
たとえば鹿児島から到着した宮之浦港は1時の場所で、
時計回りに外周を回って3時すぎくらいの場所から中央に向かって入っていくと
最初に訪れたヤクスギランドがあります(^^)

屋久杉と言えば、一番有名なものが縄文杉。
樹齢についてはいろいな説があるらしいですが、
少なくとも3500年は経っているそうです(ёё)

縄文杉までは、往復で10~11時間くらいかかるというので
今回は行けませんでしたが。。。。(^^ゞ

y-3


つるつるとした赤褐色の樹皮が美しいヒメシャラと言われる木。
さわると本当につるつる。屋久島でひときわ目立つ木のひとつでした^^

y-4
y-5


ヤクスギランドの中の方に入っていくと水も透明でとても綺麗。
その水は綺麗すぎて魚も棲めないんだそうです(ёё)

y-6


一応山ガール風(笑)靴は登山用を買っておいて本当に良かったです。
(あ、靴写ってない(笑))

今回出会った一番ご高齢の屋久杉は、樹齢1800年の仏陀杉。

y-7


幹の一部に空洞があって、とても神秘的でした。
樹齢100年以内のもの、植林されたものを「地杉」、
樹齢100年~1000年未満のものを「小杉」、
樹齢1000年以上経って初めて「屋久杉」と呼ばれるそうです。
また、屋久杉はゆっくり成長するのが特徴だそうで、
秋田杉と比べても幹は細く、秋田杉の樹齢300年くらいのものと、
屋久杉の樹齢1000年くらいのものがだいたい同じ太さなのだとか(ёё)

このあとは滝へ。。。。

y-8


「千尋の滝」と書いて「せんぴろのたき」と読むらしいです^^

少し遠くからしか見られませんでしたが、
スケールの大きな一枚岩の間を流れる滝でした。

ヤクスギランドは1時間くらいしか歩きませんでしたが、
福岡から移動してきた日だったので、この日はクタクタ(笑)

夜は宿泊先の温泉でゆっくりしました(。--。)



sui