少し前。
「ラットマン」と呼ばれる、有名な多義図形をタイトルにした小説本を借りて、読みました。
 
内容は実際のラットマンとはあまり関係ないのですが、
ヒトはどんな出来事も、どんなモノも、「脳」という装置を通して見ている、
というようなことがテーマでした。
 
下の絵の一番右はなんですか?
 
 

 
 
メガネをかけたおじさん?
 
じゃあ。
下の絵の一番右は?
 
 

 
 
ね、ねずみ?
 
 
見方によって右端の絵がヒトの顔に見えたりネズミに見えたり。
上と下の一番右の絵は同じモノなのですが、
ヒトの顔をいくつも見たあとではヒトの顔に、
動物の絵をいくつも見たあとではネズミに、
そう見えるヒトが90%らしいです。
 
 
自分が普段見ているものや、感じてることが、
もしかしたら錯覚かもしれない。
思いこみかも知れない。
そんなふうに思うと、
 
周りをしっかり見て、
ヒトの意見もしっかり聞いて、
頭を柔らかく保ちつつ、
その中からしっかり自分らしい選択肢を
見つけられる自分でいたいな、と。
 
思ったりしました(。-_-。)
 
 
 
今日は早起きして、お掃除終了。
午後からゲストが来るのでランチの準備しつつ。。。。
 
この夏の暑さに負けずに、
今日も充実した一日にしたいものです(^。^)
 
 
sui